メダカ用語一覧
PR

メダカ飼育における「エアレーション」とは?

tao

メダカ飼育でよく聞く用語「エアレーション」について、メダカ初心者の方が分かった気になれるように説明していきます。

※当サイトは「なんとなく分かった」を目的としているため、正確性に欠ける場合があります。
正確性の高い情報を求めている方は、こっそり回れ右してくださいm(_ _)m

「エアレーション」について簡単に書くよ

エアレーションとは、「水槽の水を循環させて、酸素を増やす機械」のことです。

水槽のなかに入っていて、気泡がポコポコ出ているポンプがエアレーションです。

実はエアレーションは、メダカの健康には欠かせない大切な役割を担う機械です。

「エアレーション」について詳しく書くよ

水を循環させるエアレーションの主な役割は2つあります。

1つ目は、水槽の水を攪拌させることで「水の性質のバランスを保つ」ことです。

2つ目は、「酸素を生み出す」ことです。

2つ目に関してもう少し説明します!

メダカは水のなかで生活しているものの、酸素が全くない環境では、生きていくことができません。

仮に、水槽の開口部が大きかったり、水が自然に循環する環境だったりする場合、水と空気が触れている面積が大きいため、空気中の酸素が溶けた水が多いということになります。

この環境であればメダカが生きていける十分な酸素の量を確保できます。

しかし、水と空気が触れる面積が小さい水槽で飼育していたり、飼育してるメダカの数が多かったりすると、メダカが生きていくために必要な酸素を確保できなくなる場合があります。

そこで、エアレーションを使います。

エアレーションからは常に空気を含んだ気泡が出ています。

エアレーションから出る気泡と、気泡の発生に伴って生まれる水流と波によって、水槽の水が循環し、結果的に空気に触れる水の面積が大きくなります。

こうすることで、メダカに必要な酸素の量を確保することができるようになります。

「エアレーション」について一言でまとめるよ

エアレーションとは、「水のなかの酸素を増やすポンプ」のことです。

水のなかに一定量の酸素があると、メダカやメダカのエサとなるバクテリアが活性化するため、メダカはより健康になり、水はより質の良い水になりますよ。

エアレーションをうまく活用しながら、メダカと水の健康を保ちましょう!

ABOUT ME
メダ活のススメ
メダ活のススメ
by タオめだか
・メダカの魅力を誰よりも広める
・メダカ飼育初心者に一番親切なメディアを作る
これらを理念に記事を作成しています。

当サイト名「メダ活のススメ」には"メダカを一生の趣味に!"して欲しいという思いが込められています。

▼メディア実績▼
メダカLIFE vol.2
メダカファンブック
改良メダカ 品種組み合わせ図鑑
メダカLIFE vol.3
記事URLをコピーしました