改良メダカの品種
PR

ブラックダイヤメダカの値段・特徴について紹介します!

tao

黒い体色にラメが人気のブラックダイヤは、真っ黒な体に光り輝く青色のような紫色のような色が所々入っていて、美しいの一言が出てしまうようなメダカです。

普段の生活では見られないですが、メダカ好きに大人気のブラックダイヤメダカの特徴、値段、作り方など紹介していきたいと思います。

メダカの水質管理に悩んでいませんか?

メダカを上手に飼育するためには"定期的な水換え"が必要です。

ですが忙しい毎日の中で、水換えは面倒ですよね…

そこでオススメするのがこちら▼

これをメダカの飼育容器に入れておくだけでも、バクテリアが定着して水をキレイに保ってくれます!

たかが石とか砂利にお金を出すなんて…

と思うかもしれませんが、少し考えてみて下さい。

毎日の水換えが楽になって、メダカ死んでしまうリスクが少しでも減ると考えたら、安い買い物だと思いませんか?

▶︎購入ページはこちら

ブラックダイヤの作り方

ブラックダイヤメダカは、神奈川県川崎市在住の中里良則さんが、青ラメ幹之サムライとオロチを交配して作られたメダカの品種です。

同じように黒い品種で「オロチ」がいますが、ブラックダイヤよりも暗く真っ黒なメダカです。

その黒さは「オロチ以上に黒いメダカはいない」と誰からも言われるほどの品種で、普段は珍しい腹面部分も真っ黒で普通では見ないような配色になっています。

見た目はブラックメダカと似ていますが黒さは漆黒に近いのがオロチという感じですね。

黒色はカッコよさ、クールさを見せる最大限の色のため、オロチと名付けられた意味がわかるような気がします。

初めはここまで素晴らしいメダカはそう簡単に作れるわけではなく、オロチからの黒さと青ラメ幹之からのラメを両方もった個体が5%だけしか作れなかったといいます。

中里氏が試行錯誤のうえ最も黒く最もラメが入る個体へと仕上げて完成されたのが、ブラックダイヤメダカということです。

ブラックダイヤの特徴

全身がオロチと、青ラメ幹之メダカを交配させて生まれたラメが目立つ品種ですが、

今やここまできれいなメダカですのでとても人気です。

人気なため非常に飼いにくいと思われがちですが、普通のメダカと同じように病気さえ気を付ければ長く飼うことが出来ます。

水質のよし悪しや、低い温度も普通のメダカ以上には気にしなくても良いので、非常に飼育がしやすい品種です。

複数匹を同じ容器に入れるとラメがとてもキラキラしているため、子供にも人気のメダカとなっています。

ブラックダイヤメダカの値段

メダカといっても物凄く色が綺麗で希少な品種の場合は値段は高く、繫殖しやすいメダカだと値段は低いとピンからキリまであります。

その中でもブラックメダカは一匹1,000円程度が相場です。

一匹売りではなかなか見つからなく3匹売りが多く10匹売りで売っている所もありました。

1,000円位になると色の黒さやラメが綺麗に入っている個体が手に入りますが、ヤフオクなどでは2,000円やそれ以上の金額で更に綺麗な個体の取引されています。

ブラックダイヤメダカは、「ヤフオク」「ネット通販」「店舗」などで購入することが出来ます。

実際に自分の目で見て購入するかを検討したい方は、ぜひ「全国 メダカ屋まっぷ」をご活用ください▼

ブラックダイヤメダカを販売していない可能性や、情報が最新ではない可能性もあるので、実際に訪問される場合には、公式SNSなどをご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

青ラメ幹之とオロチ交配した個体がブラックダイヤメダカ

非常に丈夫で病気さえなければ長く飼うことが可能で、1匹が約1,000円くらいです。

ブラックダイヤというだけに、見た目は綺麗なラメが入っており、そのラメを輝かせている全身の黒、何よりもその配色が見る人を引き寄せています。

メダカの個体で比べれば少し値段は高いかもしれませんがその美しさ、魅力、育てやすさ全てを兼ね備えた個体だと思うとそこまで高くは感じませんね。

まだまだブラックダイヤメダカの魅力は沢山あるので是非気になる方は飼ってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
メダ活のススメ
メダ活のススメ
by タオめだか
・メダカの魅力を誰よりも広める
・メダカ飼育初心者に一番親切なメディアを作る
これらを理念に記事を作成しています。

当サイト名「メダ活のススメ」には"メダカを一生の趣味に!"して欲しいという思いが込められています。

▼メディア実績▼
メダカLIFE vol.2
メダカファンブック
改良メダカ 品種組み合わせ図鑑
メダカLIFE vol.3
記事URLをコピーしました